こんな風に描いてます

色の法則/どの講座でも通用するか試してみる価値あり

絵だから技法に境界線は無いけれど、さじ加減でどれくらい応用できるか、試してみました^^ 先日お越し下さった方は、どこに何が使われているか読み解けるでしょうか?(できますね♡^^)
親子会話

親子会話/素直さ

個性を求めるあまり、奇を衒うことに走りがちな"時"が、きっと誰もにありますね。私たち親子も、二人して同じ年齢の頃にこの罠(?)にはまりました(笑) だけどそれは観る人を疲れさせてしまったり、本質とずれたことが届いてしまう・・。素直って最大の魅力で武器だな・・と、親子で痛感した昨夜でした。
好きなものを描きたい

ピンクに緑をゴシゴシ塗ると・・

私もそうだったのですが、「なんだか苦手」「子の色嫌い」「使いにくい」は、ただ単に「使い方を知らなかった」だけの事が多いです。苦手だと思っていた色も、自分に合った「美しい世界を構築できる使い方」を知れば、どうってことない・・どころか、表現の世界を拡げてくれる&新しい世界を呼び込んでくれる頼もしい味方です^^
フラワーパステル画

親子会話「薔薇」 

言葉を交わすわけじゃなく、手紙を送り合うのでもないけれど、1枚の絵にもう1枚を添えるだけで、成り立つ会話があります。人と人には歴史もあるから、波瀾万丈だった時間と穏やかな時間との対比が、深く深く感じさせてくれることがある。絵は、自分と神様との共通言語だけれど、そこに加わる人とも共通言語になり得るんですね。
描くことは歓びなんだよ

フワフワ

ふわふわに触れていたくて、描き始める時がある。そういうときは、コットンをふわっふわにする。そだれだけでやさしい地肌になる。