こんな風に描いてます

近視眼的視点と俯瞰視点

目の前30センチの世界にガチガチにいることも辛いけど、遠くからしか眺められないのも臨場感に欠けて物足りないかもしれません。何事もバランスだなぁと思うこのごろ^^
描くことは歓びなんだよ

全ての素材にそれぞれの貴重性がある

どんなにマイノリティーでも、非効率でも、レトロでも、「これでなくちゃ!」という商品があります。私たちの「らしさ」も同じです。自分の棚卸しをしてみると、思いがけない魅力や拘りにであえるかもしれませんね。
描くことは歓びなんだよ

母さん飯

生まれ育った家の常識、学校ですり込まれたこと、社会の常識、国の常識・・。私たちは知らず知らずに枠の中にいたり、誰かの作った常識の中に暮らしています。だけど自分の創造の世界にまで、誰かの常識は要らないよね~って思ったこの日でした。
命かがやく世界

模写とスケッチから描くことの違い(梅干しにみる神様との愛と信頼関係)

《模写するだけと、自分の描きたいものをスケッチからするのと、何がどう違うんですか?》核心を突く話題が出た、昨日の講座後のお茶会でした^^ あなたなら、何がどう違うと思われますか? 私が思うことを書いてみました。
描くことは歓びなんだよ

超絶カロリー

避ける・・って、本当に嫌いで避けることもあるけれど、一度足を踏み入れたら抜けられなくなるから本能的に近寄らないということもあるのだよ、って教えて貰いました。なるほど~・・自分の大きな変化を恐れる気持ち、何となく分かります。だけど、時間は命。残された自分の時間がそのまま命なら、私ならトライしてみたいと思うんかなぁ。^^