誰かの「知りたいすごいこと」は誰かの「当たり前」。お互いにね。

 

東京 パステル講座、おとなパステルの杉本みのりです^^

 

 

「明日講評評後に教授とお茶会があるんだよね。 でもさ、明日はちょっとした用事があってさあ、、お茶会ブッチしようかな~と、、。」

 

 

そんな風に、唐突に

昨夜の帰宅した息子との会話が始まりました。

 

 

こういう時って、

「とにかく聞いて欲しい」

「自分の判断って間違ってるのかな?」

ってちょっと揺らいでるときの彼なのだ・・と最近気付いた母であります(⌒⌒)

 

 

「あのさ、君は藝大入ってまだ三ヶ月の、たかだか一年坊主なんだよね。

悪いこと言わない。そのお茶会、出たほうがいい。」

 

「え~(_v_)(超不満顔)

・・やっぱ、出た方がいいかな?」

 

「うん、ママが同じ世界の先輩で、

更にあなたの親として 言ってあげられることがあるなら、その1つが、

ママもソレ、嫌で出なかったのを、3年、4年になってからすっごく後悔したって経験談だな。

1年の時には分からなかったんだよ、その大切さが。

悪いこと言わないから、出たほうがいい。」

 

「たかがお茶会だぜ?

何が悲しくてじいちゃんとお茶飲むのさ??」

 

「だぁかぁらぁ!

それが大切なんだってばっっっ。

美藝大の授業中なんて、何のアドバイスもないでしょ?

アドバイスや教授の経験を聞けるのは、お茶会の時なんだから。」

 

「つまんない話、多いよ?」

 

「当たり前じゃない。話すたびに宝物ばかりじゃないよ?

自分たちの普段の会話もそうでしょ?

だって君らの聴きたい【すごい話】は、教授にとっては【当たり前のこと】なんだよ。

当たり前過ぎる事だから、わざわざどれを話せば良いのかなんてわからない。

だからより沢山聴くと、その中に、とんでもない宝物がゴロゴロ転がってるじゃないの。

たくさん接してその中から自分が取捨選択するの。」

 

「・・そっか。

【;・_・】ウーム…」

 

いつもなら、私の言うことなど話半分位しか聞かない息子が、

少し神妙な顔をしました。

 

何かしら、アンテナに引っかかることがあるのでしょうか?

 

 

【神様が目の前で開けてくれた扉をくぐらなかったこと】

 

あなたにも、そんな振り返りの

ひとつやふたつはありませんか? ^^;

 

私ね、愚かにも

若い時分にはこんな事言われても

ぴんとこなかった経験がたっぷりとあります ^^;

 

歳取ってから振り返って気づける、

「あの時行動しておけば・・」

「あれは唯一無二のチャンスだったんだ・・」

と、その後に後悔することも沢山あります。

 

チャンスの神様は前髪敷かないとはよく言ったモノでして、

 

今、自分の過去を振り返っても、

留学・院進学・就職・結婚・コンペ・・・

それだけじゃない、

友情・思い出作り・学び・交流・・

 

周りがお膳立てしてくれて、

あとは自分でそこに【ひょいっと乗る】だけだったことを

いくつもブッチしました ^^;

 

 

そんな、今さら取り戻せないアレコレが、

今になって記憶の片隅からむくむく起き上がってきます。

 

 

乗っていたら、間違いなく

今の人生を歩いていなかったかもしれない、

もっと豊かに、広く、深くいられたかもしれない、

 

そんな分かれ道は、

何気ない日常にあふれてるものなのでしょう。

(今の私も最高に幸せですヨ。念のため^^)

 

 

そんな時の、私の選ばなかった言い訳ってばね、

・今のペースを乱されるのが嫌だな・・

・(いつでも出来るようなことを)今はこれ優先!

・時間がない、お金がない、、

そんな言い訳を探すことばかり。

 

 

そして、今思う、一番最大の勘違いは

【きっとまたチャンスはある!】です。

 

ほんと、( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!

 

 

今、昔の時分に会えるなら、

後ろ三段回飛び蹴りを食らわしてやりたいです、マジで。

 

 

反対に、流れてきた物事に素直に乗ったり、

思い切って何かに飛び込んだ時は、

 

・同時に他の物事まで、ぐわわーーーん!と進んだり、

・想像外の世界や人とつながったり、

・苦手だと思ってた人間関係の意外な魅力に開眼できたり、

 

「この流れって一体なに!?」って

戸惑うほどの変化が一気に来たりしました。

 

 

息子にそんな話をしてみても、

まだ彼にはピンとこない・・・んですよね、ザンネンだけど ^^;

 

そして、彼がそんなママの四方山話を

我が事として痛感する頃には、

彼自身も相当な年齢と後悔を抱えた頃なのでしょう。

 

 

それでも、少しでも!

チャンスの神様の前髪を捕まえられるように、

コツコツ伝えていくしかないですね^^

 

 

なーんて、
そんな会話が増えた最近は、

 

講座にお申し込み下さったか方からも

同じような事が起きているとメールをいただくことが重なっています。

 

 

「決めたから」なのか、

今のエネルギーの流れなのか、

私にはわかりませんが

(分かる必要もない=信頼してる・・ですヨ!^^)

 

それにしても、

不思議ですね~(@@)

 

ご縁のある方ってつながってるんだなぁ~~。。

 

 

いろんなチャンスを、つい、

(今思えば)どうでもいいことで潰してきた私から、

「今動かんとす」な方へ贈れる言葉があるとするなら、

 

頭で考えるより、動くといいよ!

です^^

 

 

私たちの頭で思い巡らせるより、ずっと!

神様の(宇宙の)采配は、

細部に至るまで、絶妙な調整が為されていると信じてます。

 

 

私ね、自分の意志とは関係なく

飛び込んできた事、流れてきたものというのは、どれもが

【啓示】だと思っているんです。

 

 

我を超えた流れには、

とりあえず乗ってしまうことをオススメします^^

 

 

 

さて。。

年内のフラワーのグループ講座は満席になりました。

毎年ありがとうございます^^

 

これ以降の年内フラワーは、

全てプライベートになります。

 

プライベートとグループの違いは、

【会場費をご負担いただく】ことです。

 

それだけで、マンツーマンにランクアップしていただけます。

フラワーで使用する会場は装備の関係で指定があります。

そのため、使用料が明記できます。

メルマガ読者様はお問い合わせ頂ければお伝えしますね^^

 

 

マンツーマンでは、あなたと私だけです。

どんなお話しも気軽に振っていただけます^^

どうぞあなたのことも沢山聞かせて下さいね。

 

なぜなら、あなたのイメージ風景や描かれる絵は、

必ずこれまでの経験や気持ちの表れとなります。

色の選び方ひとつ、重ね方ひとつ、
もちろん消し方ひとつにも、

【らしさ】は現れてきます。

 

 

【らしさ】ってね、他人の為にあるものじゃないんです。

 

【らしさ】の小さな声を聴いてみると

それはいつだって

あなたの一番深い場所からの

あなたのための声だと思います。

 

【らしさ】をひとつ見つける毎に、

自分との対話を深めていけるのが、

表現の世界の嬉しく面白く愉しいところだなぁとも思いますヨ^^

 

 

息子のように欲しい「刺激」が、

相手にとっては「当たり前のこと」だったりするこの世界。

 

あの人はどうやって「らしさ」をしっかり掴んでいるのか、とか、

あの人にとって「当たり前」を、あの人じゃないから気づける面白さに、

本当の意味で注視できる時が、

 

自分の次のステージが「早く来い!」って呼んでる時なんですよね^^

 

 

誰かの人生経験、抱える想い、本当はどれもが特別な物語ばかりです。

誰と話していても、ご自分では気付かない「すごいこと」が必ずあるんです☆

 

だからこの世界は面白い!

生きてるって愉しい^^

 

 

年に2回食べる「シジミ」

私の「当たり前」(笑)

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

 

コメント