「息子さんとはよく話すんですか?^^」

 

東京 パステル講座、おとなパステルの杉本みのりです^^

 

今日はすごい土砂降り!

久しぶりに長靴で出かけました。

 

昨日はフラワーパステル画講座のグループ開催でした。

 

今回初めて、息子にスケッチ講師として来て貰いました。

彼が来られないときは、学友たちにが来てくれるということで、
ありがたく、大助かりです^^

 

 

 

型紙に使うスケッチだから、こんな感じでいいよ?

事前にそう説明したものの・・

 

 

 

形の取り方の基本のキが気になって仕方ないようでした(笑)

 

で、結局、こいういう説明をデモしてくれたのですが・・

 

 

少しでも受講生様にお役に立てたかしら??

伝わってるとうれしいのだけれど・・^^

 

 

 

「お子さんとはよく話すんですか?」

「絵の話とか、沢山します?」

 

ランチの時に、そんな風に聴かれました。

 

 

そういえば・・、我が家は母子の会話がめっさ多いかも。。

高三の時、同級生のお母さんたちに驚かれたことがありました。

 

でも、最初からこんな風じゃなかったんですヨ。

 

思春期の頃は、会話なんて全くなく、

中学~高校二年まではほぼ会話は無し。。

このまま冷たい関係に終始すると思っていた時もありました。

 

 

いつからこんなに会話が多くなったんだろう?

 

そう思い出すと、やっぱり、キッカケは絵でした。

 

 

 

最初は絵を描きたいと言った彼の理解者(応援者?)として頼られてて(たぶん・・)

次第に絵の悩み、テクニックのこと、スランプの時、

そして友人関係のことなど、毎晩(!)深夜遅くまで聞き役になっていました^_^;

 

ということは、この会話有り過ぎ!な状況は、彼が高三の時からです。

(でも彼女の話題は私には内緒にしているようです(*≧m≦*)ププッ)

 

そこから3年、本当によく話すようになりました。

 

 

 

絵って、不思議でね。

描いてる人は・・・嘘付けないでしょう?^^

 

こんなにも素の自分をさらしてしまう行為を、

てらいも無く見せられるって、

今となってはなんて幸せなことだろうと思います。

(私は昔はそれが出来なかったから・・)

 

 

そして、素で向かい合ってくる相手には、素で受け取りたいですものね。

 

自然と会話も増え、正直な声をかけられるようになりました。

 

絵が人間関係をスムースにしてくれる例もあるよ・・って話でした(⌒⌒)

 

母が講座してりるその横で、
会場にあったお花を描いてました(笑)

 

次回の向日葵の方用に、スケッチと着彩のヒントを作ってくれていたんですね^^

 

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

コメント