こんな風に描いてます

こんな風に描いてます

近視眼的視点と俯瞰視点

目の前30センチの世界にガチガチにいることも辛いけど、遠くからしか眺められないのも臨場感に欠けて物足りないかもしれません。何事もバランスだなぁと思うこのごろ^^
こんな風に描いてます

「息子さんとはよく話すんですか?^^」

パステルアート,東京,杉本みのり,Faber-Castell,曼荼羅花アート,心花絵写し,白の世界,フラワーパステル,パステル教室,パステル講座,癒やし,Faber-Castell,おとなパステル,
こんな風に描いてます

曼荼羅花アート(心花絵写し®):濁りはどこへ行った?

さぁ、今日は透明度半端ない綺麗な絵を描くぞー!そう思って描いた日に、思い通り描けたためしがない。。反対に、これは濁るな・・と覚悟して描くと、アララびっくり、透明感半端ないわ・・なんて言うことの方が多い。この相反する現れは、そのまま心の状態だと気付くようになった。
おとなパステルの「色の法則」

色の法則をちょっぴり教えてー!

自分の色を持つって、香水をまとうことと似ている気がします。香水の原液の匂いじゃなくて、あなたの体臭と合わさって、あなたの香りがうまれるようなもの。色の法則も同じなんですね。原則はあるけど、それはあなたの今の癖や個性と混じり合って生まれるあなただけの色なんです。だから私は対面を大切にしています。
こんな風に描いてます

色の法則/どの講座でも通用するか試してみる価値あり

絵だから技法に境界線は無いけれど、さじ加減でどれくらい応用できるか、試してみました^^ 先日お越し下さった方は、どこに何が使われているか読み解けるでしょうか?(できますね♡^^)