命のやさしさ

命のやさしさ

高いとか低いとか、だれがどんな基準で語れるというのだろう

人工物の無い厳しい自然の中に行くたびに、命や厳しさ、優しさ、強さのことを考える。そして豊かについても。それは綺麗だったり叱咤激励の言葉の並ぶ書物やネットじゃなく、何も言葉を発しない、自然や小さな生き物たちから学ぶことがなんと多いことか・・!
命のやさしさ

目指すのは、不完全な私でいい

もっと完璧に、もっと素晴らしく、もっと上手く、もっと早く! もっともっともっと・・完璧を求めるたびに、完璧は私から逃げていくみたいだ。。
命のやさしさ

森の中でのないしょのお話し

皆が寝静まっている時の、ちょっとワクワクした感じとさみしい感じ。そんなときも声をあげれば、月や風は応えてくれる