大切な君へ

フラワーパステル画

親子会話「薔薇」 

言葉を交わすわけじゃなく、手紙を送り合うのでもないけれど、1枚の絵にもう1枚を添えるだけで、成り立つ会話があります。人と人には歴史もあるから、波瀾万丈だった時間と穏やかな時間との対比が、深く深く感じさせてくれることがある。絵は、自分と神様との共通言語だけれど、そこに加わる人とも共通言語になり得るんですね。
命かがやく世界

咲かせ続けるのは愛、宇宙一地味だけど最強な自己信頼

こんばんは。 東京 パステルアート おとなパステルの杉本みのりです^^ 10月も半ばになり、 息子が「秋モード」になりました。 (毎年・・っつ~のがフクザツな気分でもありますが(笑)) ...