描くことは歓びなんだよ

こんな風に描いてます

色の法則/どの講座でも通用するか試してみる価値あり

絵だから技法に境界線は無いけれど、さじ加減でどれくらい応用できるか、試してみました^^ 先日お越し下さった方は、どこに何が使われているか読み解けるでしょうか?(できますね♡^^)
好きなものを描きたい

ピンクに緑をゴシゴシ塗ると・・

私もそうだったのですが、「なんだか苦手」「子の色嫌い」「使いにくい」は、ただ単に「使い方を知らなかった」だけの事が多いです。苦手だと思っていた色も、自分に合った「美しい世界を構築できる使い方」を知れば、どうってことない・・どころか、表現の世界を拡げてくれる&新しい世界を呼び込んでくれる頼もしい味方です^^
描くことは歓びなんだよ

フワフワ

ふわふわに触れていたくて、描き始める時がある。そういうときは、コットンをふわっふわにする。そだれだけでやさしい地肌になる。
オリジナルの型紙を作りたい方へ

パステル薔薇・フォロー期間の作品より

型紙があるから助けられることが幾つかあります。例えば二枚目からは準備が楽になること、思いついた幾つものパターンに簡単にチャレンジできること、同じ配置同じ構想で自分の可能性を何パターンでも試せること、どれも「描く」が当たり前になった時に、自分への好奇心から生まれてくるチャレンジです。基礎を丁寧に重ねて、表現の域でチャレンジを繰り返す・・これって、なんて幸せな「創作」だろう!と感謝が湧いてきます^^
塗りムラができる時のチェックポイント

下塗りが滑らかにムラなく塗れるようになった!-密度-

何でもかんでもアドバイスすることは、実は「イイコト」じゃなくて、「望まれてアドバイスすると伸びる!」&「伸びるタイミングを見落とさないアドバイスが活きる!」のだと、自分の体験から実感しています^^ 昨日はそんなデヴァインタイミングでした。「塗りむらができる」方のチェックポイントは、主に4つ。(その4つがさらに枝分かれしていきます )「変わりたい!」と熱望されれば、杉本の観察眼は100倍働くのです♡(100倍・・なーんちゃって(*^^*))