白の世界

白の世界

自分を客観的に観るおもしろさ

自分の作品だと気付かないと、みなさん間違いなく「この絵素敵!」って褒めるんです^^ で、それが自分の描いた作品だと気付くと,もう~びっくり!^^ 私たちの心の癖、面白いですよね☆
白の世界

「なぜか薄めの色になってしまって・・」も、変える方法はありますヨ

色が薄くなってしまう・・昔の私の悩みでした。だから今同じように悩んでる方を拝見すると、瞬時に幾つかの可能性が思い浮かびます。どれも物理的な問題だから、必ず改善ポイントがあるんですね。あなたがもしも昔の私みたいに「色が濃く塗れない」悩みがあったら、ぜひ描き方を一度拝見させて下さい^^
白の世界

みなさんの作品に癒やされた日

パステルを描くのを止めてみよう..。そう思う日が来るなんて・・!といっても、1日触れなかっただけで禁断症状が出てきましたが(笑) こんな日こそ、みなさんの作品を拝見しようと、近々の講座の作品から整理していましたら、いつのまにか心が穏やかになり、癒やされていました。パステルは描くだけはなく、観ている人にも安らぎを伝えてくれるんですね♡
好きなものを描きたい

時間がかかりそうな道こそ、実は近道

インプットしたことを出してみて初めて、その学びに命が宿ります。絵は詰め込むことができないから、地道に一歩ずつ積み重ねるしかありません。だけどそうやって正しい順番で手に入れたことは、必ず地となり肉となる、そんな有り難い世界でもあります^^
光の表現

色に誤魔化されないために知っておきたい大切なこと

あなたは絵を描くときに、「光と影」を意識して描いていますか? その場合は「光」と「影」だけですか? そこに、プラスもう一つの要素、「反射」を意識したことはありますか? 実は光と影と反射の3つがこの世界の光の表現には大切なんです。先日の白の世界基礎では、そんな光の仕組みが話題に上がりました。