自分の中で咲かせ続けること

こんばんは。

東京 パステルアート, おとなパステルの杉本みのりです^^

今日は『曼荼羅花アート』の応用、年内最後のグループスケジューリングでした。

 

今週はこの日曜日~来週にかけての講座を控えて、
無理に腕を使わないようにしていたんですね。

 

ちょっと肩の痛いお年頃で・・^_^;

 

とはいえ、やっぱり1枚も描かない日は
どうも落ち着かなくて、

結局描いちゃうのですけれど(笑)

 

 

そんな風でしたから、いつもよりブログを拝見できる時間があって、

久しぶりにアメブロのアプリから
みなさんのブログを読みに行きました。

 

 

アプリって便利ですね!

あなたにオススメの記事とかブロガーさんとか
分かりやすく出してくれるんです(笑)

 

そんなアプリのおかげで、
普段はあまり訪問しない方のブログを幾つも読めました。

 

 

その中に、
どなたのブログか忘れてしまいましたが、

【自分の中の花を枯らさない】
というような文言がありました。

 

その言葉が、時間が経った今も響いています^ ^

 

 

瑞々しく描けたらいいな。そんな風に思いながら描きました^^ 曼荼羅花アート(心花絵写し®)応用作品より

 

 

大げさかもしれないけれど、

「描く」って、私にとっては自分にお水を注ぐようなもの。

 

潤いだったり
命の素だったり
循環のホームベースなんだなあ・・って、改めて思いました。

 

 

自分の中のコトだから、うまく調整しながら、

例えば洪水を起こすほどに、やり過ぎることもなく、
かといって枯渇するほどケチケチすることもなく、

 

丁度心地よく感じられるお付き合いを続けたいなと思うんです。

 

 

うんうん、無理はいかんよ^^
(と、自分に言い聞かせる)

 

 

ものづくりの人は、
その辺の塩梅が難しい時がありませんか?

 

時にストイックに、時にレイジーに、
自分の内側のバランスを取りながら付き合っていきますが、

 

ストイックになった自分さえも面白がれたり、
そんな時も、意外と心地いいじゃん?って感じられる範囲で、

長く行っていけたら最高ですね。^^

 

お花は、、愛でられて大輪になるのですから!

 

大輪を咲かせる方法を一緒に模索しながら、
少しだけ多く知ってる私の経験を伝えられたら・・

そんな風に願ってみなさんとの時間を過ごしているので、

 

今日の講座はとても個性と経験に添えたいい時間だったと
改めて、かみしめています♡

 

ご一緒して下さいましたかた、有り難うございました(⌒⌒)

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

愛でられすぎると・・横に成長してしまいふ•(つ﹏<)・゚。

 

 

 

コメント