未知の世界こそ寄り道しないでプロに依頼する

こんにちは。

東京 パステルアート おとなパステルの杉本みのりです^^

 

昨夜は、なんと、、不動産コンサルタントさんをお呼びして
親族たちと勉強会をしていました。

今までずーーっと親世代に丸投げで任ていたことを
これからは子世代が担っていかなくてはならなくなったからです。

 

ただでさえ難しい世界(法律・不動産・大手企業とのやりとり)の話。

私をはじめ、みんな素人で、、。

単語一つから、ちんぷんかんぷん。。

 

契約書の内容すら理解できません。。

 

 

そんな状態の自分たちが、何名集まろうと、
そんな自分たちの拙い知識をどれだけ出してみたところで、
これからみんなで学びましょうと言ったところで、

果たしてそれが、

本筋を外していないか? 間違っていないか?
無関係なことで時間を無駄にしていないか?
ネットの情報が自分たちの置かれている状況や契約内容にフィットしてるのか?

その是非の判断すらできないだろうと思ったんですね。

 

そこで、基礎基本から学ぼうと、迷わずプロに依頼したわけです。

 

 

相手はさすがに、専門家。

事前にお渡ししてた契約書の内容を、
とても分かりやすく分析/解析/解説してくださり、

知恵者(企業)の上手い手口(←えぇえぇ、皮肉です^_^;)を分解して教えて下さいました。

 

最初は基本の単語すら頭に入りそうにはなく・・
途中で何度もめげそうになりました。

 

それでもようやく、ほんの少しだけ
今の自分達の立場や状況が分かってきて、

これからしなくてはならないことが見えてきました。

 

何しろ自分の大切な問題です。

あなや疎かにはしたくありません。^^

 

事前に変な前情報や素人さんたち(他の住人さん含む)の
「私はこう思う」に耳を貸さなくてよかった・・!

 

「聞く耳を事前に作っておいて、これから入ってくる情報を取捨選択できる自分でいること、その情報を入れてくる相手の意図を判断できる自分でいることは、不動産問題では本当に大切ですからね」

と言われた意味が、たった一晩経って、いやと言うほど身に染みてきました。

(それほど間違った情報が、今もこのビルに飛び交っています・・^_^;)

 

 

これ、どんなことも通じるなぁと思いました。

パステル画にもね。

 

もちろん、絵を描く事は財産を脅かすような問題じゃないけれど(笑)

それでも
効率よく大切なポイントだけを学ぶ方法もあるんですよね。

 

若い頃は紆余曲折しながら、
自分にとっての正解を模索する時間がたっぷりと!ありました^^

でも今の私は、学びたいことがあれば
それを詳しく知っている人のところへ行って学ぶことを迷いません。

 

それは、自分というスポンジに
真っ新なまま美しい色を(正しい情報を)吸わせたいし、

寄り道迷い道する時間がもったいないし、ね。

 

あ、だけど息子になら、

「多いに迷え!多いに寄り道しろ!大いに失敗しろ!」とハッパをかけます^^

 

 

年齢によって、学び方のステージも違うんだなぁ・・と、
昨夜からしんみり考えております。

 

私は、生徒さんにとって
「プロ」として皆さんの前に立っていられているだろうか?

 

誰を見ても、何を見ても、
まるで鏡と対話しているような気がします^_^;

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

 

 

コメント