旅人から旅人へ

こんばんは。

東京 パステルアート おとなパステルの杉本みのりです。

 

 

あなたはお母さんやおばあちゃんから教えて貰ったことの中で

今は自分の血となり肉となってるよ、ということ、いくつありますか?

 

思えば私たちって、

もうすべてが!そういうことの集合体で。。

 

無意識にしてるあれもこれも、

紐解いていくと、先人達の想いや知恵が詰まってるんですよね。

 

 

手から手へ、

言葉から言葉へ、

言葉じゃないものから言葉じゃないものへ、

そうしてまた、次の世代へ。。

 

永遠に流れる河の中で、
手から手へ直接バトンタッチしていくことが
もっとも心に遺るのだなぁ・・と

 

駅のホームに居たときに、ふと思いました。

 

 

 

 

昨夜、息子に希望されて、
母の使っていた道具を整理していました。

 

主に日本画系の画材がたくさんなのですが、
中には「これ何のために!?」と思うような
不思議な工芸材料がわんさとあります^^

 

 

母のために紙業試験場が作ってくれた和紙たちも
今ではたいへん貴重な素材となりました。

 

いつかこの紙を、

たとえ私が使わなくても、

 

息子が使う日が来るだろう不思議を、
緩んだ頬からうれしく感じている自分に気付きます。

 

母もきっと喜んぶだろうな・・とも。

 

そして、

「どうしてこれ(この道具)を選んだの?」ということも、

伝えなくても伝わる日が来るのだろうな・・

 

彼がそれを引き継いでも継がなくても、いい。

 

それすら必然の流れ。

その判断すら累々と流れる想いが出した答えであるということ。

 

 

そう考えると、

 

日々描いている小さな1枚も、

当たり前に使っている道具の一つ一つも

愛おしくてたまらなくなるのです。

 

今日も描けて幸せだった・・☆

 

あなたの今日という一瞬も幸せでありますように☆

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

 

コメント