型紙の良いことも不便なことも、着地点が見えてるってところ

 

 

東京 パステルアート 、おとなパステルの杉本みのりです。

 

今日は朝から梅干し話題で我が家が沸き立ち^^

思わずビギナーさんブログにも
梅干しのことを描いてしまいました(*^^*)

 

一人だけ秘密の歓びにしておこうかと思ったのですが
やっぱり嬉しくてね♡

 

 

そてにしても、初めてのフラワーですのに、
素晴らしいバラが咲きました♡^^

講座で「描き上げるんだ!!」という気概がこもっていますね。

 

 

 

 

で、アメブロ記事には書かなかったのですが
この方の作品を、眺めていて・・

最初と最近とでは、とても雰囲気が変わってきてる事に気付きました。

 

 

簡単にいうと、シンプルなのにより本質を描かれてるんです。

 

 

それって・・すごくないですか!?(*^^*)

 

 

どういうことかな?って私なりに考えたのですが、
これは自分にも当てはまる事と思ったので、

防備録をかねて、こちらに書いておこうと思います。

 

 

型紙を使うということは、

パステルで描くだけでなく、
型紙を作るという《絵以外の時間》がかかりますよね。

でもそれは、今回の視点じゃなくて・・^^

 

 

型紙があるから「良い点」と

型紙ゆえの「不便な点」と、

それらの間を私たちの気持ちは融合させたり、分離させたりしながら
日々変わっていくんだな~って思ったんです。

 

 

その「良い点」と「不便な点」は、
善くも悪くも「着地点が見える」ということ。

 

以下はフラワーのように
自分で全てを描く時のお話しね^^

曼荼羅花アート(心花絵写し®)や白の世界は少し違うから。

 

 

 

続きます。

 

でね、ビギナーさんの時には、
その着地点が見えない故の、
どこか不安そうな色合いがあるんですね。

 

でもそれは、描いている内に必ず誰もが慣れて来るんです。

で、《着地点を設定する》という感覚を掴めるようになります。

 

さらに、その感覚の《丁度良い感じ》で止まれれば良いのですが、
ところがどっこい、
私たちは日々成長するものだから(笑)

 

いつかその《丁度良い案配》が崩れてきます。

 

でもそれは、《今を超えたい!もっとよくなりたい!》と
さらに成長する兆しなんですよね。

 

この、「一度崩れる」体験しておくと良いですよ^^

その後に、以前よりも深い世界観を得られます。

 

それは例えば、油絵のように
「着地点を変えられたらなぁ・・」という思いもその1つかも。

 

型紙を使うパステル画は、少し水彩画や日本画と似ていて
絵の本質的な要素の
途中で変更が難し事が多いですよね。

(※単に色を変えればいいとか、何か模様を足すとか入れ替えるとかの上っ面の話じゃないヨ)

 

だけど出来ないから、

さらに描き進めていくうちに、
まず先に到達する地点を「しっかりと決めてから動く」ように変わっていきます。

 

まるで日本画のように
それも絹に描く方の、あの作品のように、

緻密にイメージングしてから取りかかるようになります。

 

だから、《絵としての作業》に取りかかるまでに
時間がかかるようになります。

 

だけど、取りかかり始めたら、ビギナー時代よりも断然早いんです。

 

たぶん、それは、
ものすごーーーく「観て」いらっしゃるから。

 

そしてもうこの頃には、曖昧なまま描くことはされていないから。

 

だから最短の手数(てかず)なのに、密度が濃いんですね。

 

 

私はそんな風な、

型紙を使うという、
(たぶん)絵としては少数派の世界の中の
独特の流れが面白いなぁ~と思いました。^^

 

こういう人の変化とか、心の動きを楽しがるオタクなもので・・^_^;

 

 

いろんな段階の方たちにフィットする講座の進め方、

少し考えたいなぁと思ったのでした。

 

 

いつかアイデアが浮かぶまで、
こちらに、メモメモ・・☆

 

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

この黄色いバラを描いたのでした♡

 

 

 

コメント