消しゴムを重用して描く薔薇

こんばんは。

東京 パステルアート 杉本みのりです^^

 

自分語りよりも大切な(笑)、

本来のブログのメイン記事である、
途中になってしまっていたフラワーの薔薇の3作目をアップしますね。^^

 

 

この方は、フラワー3作目さんです^^

ネットで見つけてお申し込みくださり、
ご参加いただける回までずいぶんとお待たせしてしまいましたm(_ _)m

 

それまでにメールでお話しさせていただいていたので、
パステル作品も拝見させていただいていました♡

 

私の印象の、この方のこれまでのパステル作品は、

 

可愛くてやさしくて、

「春~♡」な歓びを感じさせて下さる
幸せな世界に、命が溢れていて・・

ああ・・♡ これこそパステルの世界♡♡という作風です。

 

 

今回は、メインテーマが赤色ということもあり、

情熱さえ感じるほどのインパクトがありました。

 

やはり、同じ回のもうお一方の薔薇同様、
パンの赤を使っています。

 

パンは発色が綺麗ですが、
他のパステルと組み合わせるときに気をつけることがありましたね。

(覚えていますか?^^)

 

 

はい。他の色を消してしまいやすい、、ということです。

 

だから影付けには少しばかり
繰り返し「塗る」が多めに必要となりましたが、

その分、色に厚みが増し、
存在感がでたように感じます。

 

 

 

他の方同様、
やはり薔薇はスケッチに苦戦されていました。

 

生きたお花の花びらの丸まり方、
ほんの少しの視点の変化で大きく違ってしまって

まったく形が変わってしまうこと、

 

あまたの理解ではなく、
「感動視野」で見る、命。

 

それらに何度も何度も
トライされていたのがとても印象的でした^^

 

(私のところに来て下さる方は、
誠実な方ばっかりなんですよ~♡)

 

 

 

この日にご習得いただいたことは?の質問には、

「消し」で作品を作る方法を知ることができました。

 

はい^^ 今回は、
「消しゴムメインで描いてみる」がテーマでしたから

一旦塗ったところを、
消したり、また色を入れたり、消したり、塗ったり・・・

 

まるで油絵のように、
「絵とお花と自分の対話」をしていただきました。

 

制作途中の画像を☆

 

 

 

この画像でご覧いただけるように、
この方のフラワーの描き方には特徴があって^^

 

メインのお花をほぼしっかりと描き入れてから

周囲の空気感を創り上げて行かれます。

 

小花の構成の時も、
「なんか(お花の周囲が)さみしい」
と悩みながら描き進められるのですが、

 

横で拝見していると、

この時に深く深~く、
絵と対話されているのがよくわかります。

 

この時間が「描き人」には大切なんですよね~(⌒⌒)

 

 

そして、この描き方が
ご自分の制作作業の「特徴」だと知っておくと、

慣れてきたら時間配分の計画が立てやすくなりますヨ。

 

 

自分の真ん中と言葉を交わす時間、

すっごくいい表情をされます。

(今回はお顔NGだったので載せませんが、
菩薩様みたいに慈悲深いお顔で考え込まれています^^)

 

 

で、対話して、対話して、とことん創り上げた空間は、
こんな感じになりました♡

 

 

 

可愛い鳥さんを描かれる方の絵とは思えない、

情熱や実際の体温、
そして女性としての艶や、

同時に周囲への気配りまで、

絵の中に現れているのが分かりますよね。^^

 

 

お話ししていても、
女性らしい気遣いが溢れているんです。

 

本当に・・絵って、

「夢中になった時間の量と比例」して

「私以外の何者にもなれない」のだなぁ・・と、つくづく。。(*^_^*)

 

 

そして・・

この講座の、

「影の作り方の素晴らしさをオススメしたい」と。^^

有り難うございます^^

 

 

「桜が描いてみたい」

とのことでしたので、

 

来年の3月はまだ講座が再開していない時期なので、
(ここ数年、12月半ば~4月いっぱいはお休みしています )

それでも、
フラワーの同窓会みたいな時間を持てたら、

桜を描いてみたいですね^^

 

桜は・・描いていて本当に幸せでやさしい気持ちにしてくれるお花なんです^^

あの淡いピンクの魔法でしょうか(*^_^*)

 

 

桜も影の付け方で印象を自在に変えられる魅力的なお花です。

いつか一緒に描きたいですね♡

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

 

 

コメント