「描く」は私たちをイイトコロ探しの名人にしてくれる 心の眼の使い方2

東京 パステルアート 、おとなパステルの杉本みのりです^^

 

昨日は、とあるコミュニティーで
言霊と波動のお話しをしました。

一時間という短い時間でしたから
経験の全てを伝える事は難しかったです。

 

だけど久しぶりに
声に出して、自分調整のお話をしてみると

ますます「描く」の中に、
今日話した全ての視点が含まれるなぁ・・と、

そんな風に感じました。

 

 

「描く」ってね、

近くと遠くからと、常に2つの視点から、
今描いている絵(=今の自分)を観る/視ることです。

 

「描いてる時」には、

自分なりに上手く描けたと嬉しくなるころも、
反対にもっと変えたい部分もあることでしょう。

 

あまりに不器用な部分が気になってしかたない時は、
まぁ、
少しは進歩させるために、
ソコにこだわるのもいいかもしれませんが、

 

本当は、

自分でイマイチだと思う部分ばかりに
意識を留めておくよりも、

 

上手くいっている部分を見つけて、
さらに!

どこをどう変えていけば、
もっともっと!より望む着地点に近づけるか?

に意識を向けたほうが、

進歩と喜びの両方がガッチリ手に入るようです。

 

わざわざ絵を描くことで辛い修行をする必要はないのですもの。

 

 

というわけで、

どういう方法だと
自分がより楽しく笑顔で続けていけるか?
に意識を向ける方が、

幸せ上手な人だと言えることは、
疑いようがないと思われます。

 

 

さて。

私には相当に独りよがりな、

だけど40年近くアートの世界に携わり、
そのうちの10年以上を
エネルギーワークも併用してきての、

ある一つの確信があります。

 

それが、

描くを続けるうちに身に付ける【絵描きの目】は
私たちを、
「自分の目の前のイイトコロ探しの達人にしてくれる」
ということです。

 

あなたはこんな事を耳にしたことはありませんか?

  • 全てのことは自分が引き寄せている
  • 自分の頑固な思考パターンは、変えたくてもすぐにまた戻ってしまう
  • だから、ネガティブな事は考えないようにしなくちゃ
  • 全てをポジティブにとらえなくちゃ
  • 変な波動を受けないように自分を守らなくちゃ
    などなど。

 

それらはある意味では真実で、

同時に
いつでも180度変える事が可能な、
私たちにコントロールできる事なんですね。

 

しかも、

意識して変えようと頑張ってた時には
何度でも戻ってしまっていた「昔の自分の考え方パターン」は、

「描く」こと経由でなら
とても自然な形で
後戻りしにくいところまで導いてくれるんです。

 

 

・・ということも、

私がエネルギーワークを
表の看板から下げた理由なんです。
(今も営業届けは出ています^ ^)

 

なぜこの「イイトコロ探しの目」が
今の私たちに
とても大切な力と痛感しているか?

という事を、

次の記事からお伝えしてまいりますね^ ^

 

パステルとどう関係があるの?と
思われるかもしれませんね。

 

パステル画もね、1つの波動、1つのエネルギーなんです。

  • どんな自分で
  • どんな風に発するか

は、とても大切だと、私は思っています。

 

なぜなら

この世界は、自分の放ったものが、そのまま戻ってくるから。

 

私はご縁在ってココへいらしてくださったあなたと、
ともに歓びあふれる暮らしを歩んでいきたいって、本気で思ってますのです^^

 

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

コメント