今日の心遣いは今のためじゃなく・・

 

こんにちは。

東京 パステルアート おとなパステルの杉本みのりです^^

 

今日は、お昼にお蕎麦屋さんへ入りました。

なんてことのない、
古い店構えに老夫婦の営んでおるお蕎麦屋さんです。

 

だけど、ここのお蕎麦は、

使用する材料を丁寧に化学薬品(農薬や燻製材やワックスなど)を除去して、
お客さんに出していることを、私、知っているんです^ ^

 

それをしたからって、
今すぐに味が変わるわけでも、
病気が治るわけでもありませんが、(当たり前ですね)

ご縁あって来てくれたお客さんの
未来の健康にほんの僅かでも役立てれば・・という気遣いが根底にあるんですね。

 

だから、お蕎麦を食べたいな、、って思ったら、

ついつい、少し遠くても
ここの老夫婦に会いに来ちゃいます^ ^

 

この見えないところへの心遣い。

お店のどこにもそんなことは謳っていないけれど、
そんな心遣いをする人たちだから、
いつ行ってもホッとします。

 

 

 

 

さて。

 

講座で描いた絵に、
どんなに急いでいても、どんなに気に入らない作品になっても、

「あと一手間を惜しまないでほしい」

と、必ず生徒さんたちに声かけしていることがあります。

 

それが、テープの粘着を取ることです。

 

 

たった4回、サッとなぞるだけで、

その作品は、絵の縁に着いた
粘着材の変色や埃に困らされることから開放されます。

 

もちろん、やってもやらなくても、
もしかしたら一年くらいは気づかないかもしれません。

 

だけど10年後には気付く人も出てくることでしょう。

30年後には間違いなく、誰の目にも判ります。

ええ、ええ、昔の自分の手抜きに今後悔しておりますともさ。。

 

 

私たちにとって描くを「楽しむ」こと自体が、
パステル画を描き続けるモチベーションの一つだけれど、

 

作品がそのまま、

私たちの祈りであり、
私たちのもう一つの言葉だと知ってしまったなら、

 

未来の作品にどうあってほしいか?に

想いを馳せることも続けていきたいですよね^ ^

 

習慣になっちゃえば、
なーんてことない小さな心遣いが沢山あるのも、絵。

 

 

絵って、めちゃめちゃ優しい
思い遣りや祈りの心の濃縮エキスみたいです♡

 

 

少なくとも、自分は・・

そして自分にご縁が繫がった方たちには、

 

そんな幸せ波動までも
創り出す人で在りたいなぁ~~って思った今日でした^^

 

 

 

ああ、なんて美しい青空なんだろう・・^^

今日の会場風景より♡

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント