画用紙とコットンのかけ算

 

こんにちは。

東京 パステルアート 曼荼羅花アート(心花絵写し® )の杉本みのりです^^

 

 

型紙を使うパステル画に初めて触れる方用のアメブロブログに

画用紙とコットンパフのことの書きました。

 

画用紙とコットンの相性によって、

コットンのヨレが出来やすかったり、出来にくかったり

自分が快適じゃない&絵が荒れる

画用紙が荒れる

コットンがさらにヨレる

 

の悪循環になりやすいですよ~というお話しだったのですが、

 

こちらのマニアブログには、もう少し詳しく書いてみたいと思います。

 

コットンを使って描く時に、
ともすれば忘れてしまいがちですが、

 

コットンの状態ってとても大切 なんです。

 

だから、コットンパフは消耗品
と、常に意識をしていることが大切ですね。

 

私も講座では生徒さんたちに
「ケチらないで思いっきり使ってね」と声かけしています。

 

みなさんの作品のクオリティーを保つために。^^

 

 

何よりも、消耗品は綺麗な状態で使えば、

•自分が気持ちいい

•絵も綺麗
•観る人にも伝わる

の爽やかな循環になります^^

 

 

 

とはいうもののね、
実は私も昔、
ケチケチ使いをしていた頃がありました(笑)

 

 

私の場合は、基本はコットンは4つ折りします。

 

ということは・・裏表で最大8面!使えるんですよ(笑)

 

もったいないから・・と、
他の色のにじんだ、ヨレたコットンを使い続けていた頃の絵には、

イマヒトツ透明感がありません(笑)

 

懐かしすぎる画像を^_^;

 

どこかスッキリとしない濁りを感じますでしょう?

 

 

明るく描きたくて
自分なりに最っ高~!に頑張ったものでも・・

 

 

・・ま、そういうこと、なんです(⌒⌒)

 

 

講座のテキストに、
「ケチった方がいい道具、ケチらない方が良い道具」
というページがあります。

 

そこに描かれていることは、どれも
私自身の失敗から学んだ事なんですね(笑)

恥ずかしいけど、内情をバラしましょう^^

 

 

コットンを贅沢に使うと、一昨日のようなこんな感じに。

 

 

 

美しい色は美しいまま使うと
本っっ当~~に気持ちいい♡

 

今の私には、そう感じます。

あなたはどうですか?^^

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

 

 

コメント