日記

未知の世界こそ寄り道しないでプロに依頼する

全く苦手な分野を学ばなければならない時、今の私は迷わずプロの手を借ります。若い頃は時間がたっぷり!あったから、何でも自分でやろうとしました。そして迷ったことも間違えたことも無駄なことも全てが糧になってたと思います。50代になって知ったのは、学び方には年齢によってステージがあるということ。今は短時間で効率よく最短距離を進むことが本当に大切です。
ここに居る

何も知らない自分を知る

自分のことを一番知らないのは、自分だな・・って思います。というか「知ってるつもり」だったんだな・・って。だから思い切った冒険もできないでいました。だって、信頼もしていなかったから・・。だけど今のほんの少し先に、自分を知る事ができる世界が山と待ってくれてるんですよね。
ここに居る

本質を見つめたい時

普段、都会の喧噪の中に暮らしているわたしにとって、真っ暗な夜、満天の星空、聞こえてくるのは波音だけ・・という環境は、魂が欲しているものばかり。時々そんな場所へ行くと、自分の小ささや、気付かずにまとっているフィルターに気付かせてくれます。
オリジナルの型紙を作りたい方へ

パステル薔薇・フォロー期間の作品より

型紙があるから助けられることが幾つかあります。例えば二枚目からは準備が楽になること、思いついた幾つものパターンに簡単にチャレンジできること、同じ配置同じ構想で自分の可能性を何パターンでも試せること、どれも「描く」が当たり前になった時に、自分への好奇心から生まれてくるチャレンジです。基礎を丁寧に重ねて、表現の域でチャレンジを繰り返す・・これって、なんて幸せな「創作」だろう!と感謝が湧いてきます^^
メイクブラシ

昔羽ぼうき、今は100均

道具は伝統的なものばかりがイイわけじゃなくて、中には今の時代からイイものもあります。その代表選手が、消しゴムの消しかすを払う道具。そう、羽ぼうきからこんな風に進化してるんですね~。(進化・・か?(笑)) 一本持っていると便利な道具。だけど何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」。塩梅を加減しながら、上手に使っていきたいものです。