大切な君へ

誰かの「知りたいすごいこと」は誰かの「当たり前」。お互いにね。

「特別なことを知りたい」誰もがそう思うけれど、その「特別なこと」をしてる人にとって、それはきっと「当たり前すぎる」事・・。だから時間をかけてゆっくりと、その「すごいお話し」を聴かせていただく事が大切だと思うんです。だって、いつ、どんな風に「出てくる」か、分からないもの。何がすごくて、何が普通かなんて、聞いてる人だけが感じてることだからね。
パステルで心のスケッチ

そういえば自分もそうだった!

東京 パステル講座、おとなパステルの杉本みのりです^^ -今日のお昼の青空- 今日のお昼、たった今のお話しです。 いつものようにリビングにパステルを広げて描いていると、と ...
描くことは歓びなんだよ

力が抜けるとき

ずっとリキミながら描いていた息子が、やっとリラックスして、描くことを楽しめるようになりました。それって30年前の私の姿です(*≧m≦*)ププッ 
親子会話

いつの間にか追いつかれ・・いえ、とっくに追い越されてた^^

昨夜は息子と色んな話をしていました。最初はジェンダーについて。そしていつの間にか「アートにできること・アートが持つ力」について。知らぬ間に、追いつかれ・・いえ、とっくに追い越された彼の俯瞰した視点に驚きました。アートの可能性・・私もこれからは、よりいっそう!意識していきたいと思います。
こんな風に描いてます

「息子さんとはよく話すんですか?^^」

パステルアート,東京,杉本みのり,Faber-Castell,曼荼羅花アート,心花絵写し,白の世界,フラワーパステル,パステル教室,パステル講座,癒やし,Faber-Castell,おとなパステル,