描いた後のおとなの心遣い

今日の心遣いは今のためじゃなく・・

今の自分のためになら私たちは頑張れるけど、いつか判らないみらいのためだとちょっとテンション維持が難しい・・。だから小さなこつこつを、習慣にしてしまえばいいんじゃないかと思うんです。今してる心遣いは、決して今だけのためじゃなく、本当は遠いいつか未来の自分への愛情たっぷりのギフトなんですよね。
ぼかし編み?茶こし?

パステルを均一綺麗に削るには?-突然入る線の避け方-

ぼかし編みで細やかで均一な粉を削ろうなんて、そもそもが無理な話だったのかもしれない。。だけど美術道具を使いたくて、解っていて使う私は、今日も悲鳴を上げるのであった・・ちゃんちゃん。。
塗りムラができる時のチェックポイント

下塗りが滑らかにムラなく塗れるようになった!-密度-

何でもかんでもアドバイスすることは、実は「イイコト」じゃなくて、「望まれてアドバイスすると伸びる!」&「伸びるタイミングを見落とさないアドバイスが活きる!」のだと、自分の体験から実感しています^^ 昨日はそんなデヴァインタイミングでした。「塗りむらができる」方のチェックポイントは、主に4つ。(その4つがさらに枝分かれしていきます )「変わりたい!」と熱望されれば、杉本の観察眼は100倍働くのです♡(100倍・・なーんちゃって(*^^*))
ここに居る

有限と無限のあいだで

「私たちは無限の存在」そう耳にしてからもう20年経った。私たちは本当に無限なんだろうか?そんなことを突き詰めて考えていたら、私たちだから可能になること、、すなわち、「伝える」が浮かんできた。 そう、私たちは、たとえ今のこの自分の目で見ることができなくても、未来永劫続いていくであろうことを創り出せる。肉体を超え、時代を超え、個を超え、どこまでも続く何かを。もしかしたら、それを「無限」と呼ぶのかもしれない。
描くことは歓びなんだよ

自分の中で咲かせ続けること

「心地いい自分でいたい」この年齢になったからこそ、切に願います^^ 若い頃のようなストイックなものづくりも楽しかったけれし、自分にはめた枠を無視したくてわざとレイジーに過ごした時期もあったけれど、、でもね、花は愛でられてこそ美しく大輪になれるんだと思うんですよね。そして外の人に愛でられるより、やっぱり自分で愛でて上げるよりパワフルな愛はないですよね。