愛しいものへ

陰と陽

一度私たちの脳が構成した世界だけが正しいわけじゃない。ネガとポジを入れ替えたら、痛みの象徴だった光景は、天から降り注ぐ光だったと気付けた。痛みは、本当はギフトだと。
愛しいものへ

驚きの贈りもの

サンキャッチャーを窓辺にかけてから、サンキャッチャーじゃなくても虹色と遭遇することが多くなった。七色の光はすべてのスペクトル。七色の光はすべてを表すもの。
愛しいものへ

ゆっくりと、ゆっくりと

どんな傷も、時間が薬。やさしくゆっくり効く薬。
愛しいものへ

呼応する

求めるものが生まれた瞬間、応えるものも生まれるのだと思う。この世界は本当にやさしい。
愛しいものへ

小さな音と世界のすべて

この広い世界の、たった「ここ」だけの音を聞いて、その瞳を曇らせる必要なんて無いんだよ。ほら、あそこは晴れてる。ほら、明日は晴れる。ほんのちっぽけなこの雨音が、あなたの人生を支配するなんておかしいんだよ。