曼荼羅花アート(心花絵写し®):兆しは静かに現れるんだね

 

 

東京 パステルアート 、おとなパステルの杉本みのりです^^

 

ある程度の期間、描いていると、

自分の絵の「流れ」に気付くことはありませんか?

 

 

どうも上手くイメージ通りにならないとか、

ありゃ、こんなハズじゃぁなかったなあ・・って、

きっとね、描き人ならご経験あると思うのです。

 

 

私もね・・

「最近どうも○○ぽいなあ」とか

「△△にしたいのに、なぜか□□っぽくなっちゃう・・」

という感じで、

自分でコントロール出来なくなった時が

自分の変わり時だと気付くようになりました。

 

 

丁度今ね、

そんな波が来てるかなぁ~~?と感じています。

 

すごく気に入っていた描き方も、

この波を被ると変わってくるんですよね。

 

 

人は気付かないレベルかもしれないけれど

もうね、これは自分と神様の二人だけの共通言語だから

誤魔化しようがないんですよね。

 

 

以前はそんな変化の波を、

以前を手放すなんて「もったいない」とか「さみしい」とか思っていたのですが、

 

最近は「嬉しいなぁ、まだまだ変われる余地があるんだ、私・・!」と

嬉しく思ったりしています^^

 

 

 

 

50代の私。

あと30年くらい描けるかな?

 

 

その間に、何回このドキドキワクワクがあるんだろう??

 

 

ドキドキ(*^^*)

 

 

上手くいかない時はね、

理想型が(無意識にでも)ちゃんとすでに在るってこと。

 

あとはそこへ辿り着くだけだから、

楽しみにしていればいいんですよね^^

 

 

理想型が見つからない時は、ちょっと苦しい。

 

そういうときは、これからまだまだ沢山の情報が

自分に流れ込んでくる、わき上がってくる合図だと思うんです。

 

 

だから心の水面をざわつかせてると、

写るものも見えにくくなっちゃいます。

 

そういうときは、水面が鏡になるほどじーっとするに限る!

 

すると・・

 

ほら。 ドキドキ(*^^*)

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

 

 

コメント