時間がかかりそうな道こそ、実は近道

こんばんは。

東京 パステルアート おとなパステルの杉本みのりです^^

 

今日は、今は無い継続さんの記事が
アメブロの昔記事に上がってきました。

 

懐かしいなぁ!^^

 

今はご家族の事情でお孫ちゃんたちの
お世話に明け暮れていらっしゃるその方は、

お忙しい毎日の中、
クリスマスWSへプライベートでいらしてくださって
久しぶりの再会をしたのでした。

あの時は嬉しかったなあ~^^

 

それまでの、毎月のようにお会いして描けていたあの頃が、
もう何年も前なんですね。

時間の経つのは本当に早いものです。

早くまたご一緒できると嬉しいな^^

 

 

その方はね、、、

パステルに触れていると、
本当に幸せそうに描かれるんですヨ♡

 

40代の頃は、50歳を過ぎてからの今の自分を
まったく想像も出来なかったのに、
こんなにも広がって、輝いて、楽しい事があって(幸せ)、、、!

 

と仰っていた少女のようなはにかんだ微笑みが今も印象に残っています。

 

 

そんな彼女のご家族の話を聞いていて、

思い浮かんだ光景があって、ささっと描いたのがこれでした。

 

 

 

世界を愛情たっぷりの目で見ている方の語る
家族の日常は、

聞きながら想像した私のハートにまで、
温かい灯火を灯してくれる光景でした^^

(白の世界の方なら、5分で描けますネ^^)

 

 

その時に、興味深い感想を頂きました。

 

ネットの画像で観て「どうやって描くのかな?」って考えるより、
こうして目の前で描くところを見ると、
もっと深い疑問が見つかって、
よりたくさんの発見や気付きがありますね。

 

そして・・
 「ああ、、!今日は”これ”が分かったのが嬉しい!」

 

と、
必ず何かしらのお土産を見つけられる好奇心の塊でしたネ^^

 

 

今まで思い込んでた描き方に、
一度、風を入れてみると、

新鮮で新しい発見がたくさんあるんですね^^

 

自分一人での視点外しは難しいから
一緒に描く意味って、
こういうところにあるんだな・・ってこの時に感じたのでした。^^

 

 

どんなに座学するより、一人で知識を入れるより、
それよりも

実際に指を動かして、細かく「見てもらいながら」修正して、
はじめて、

腑に落ちるし、
指が憶えていく

 

気付きにも修正にも、「順番」があるから
急がなくてもゆっくりと、一つずつ確実に、
テクニックを広げていくことが、

回り道のようで、一番の近道だねって確認し合ったのを思い出しました。

 

 

私もね、

座学より、本を読むより、
結局。

階段を一つずつ上がって、見聞き・実践したことが
今も残っていて、日々使っています。

 

学びは入れた物を一度出してみて、初めて命が宿ります。

 

絵は「詰め込み」がむずかしいから、

こうして丁寧に自分のものにしてくしか
未来の可能性を広げる方法がありません。^^

 

 

やっぱり地道に描き続けよう・・!

今日の記事を見て、自分自身で改めて心に誓いました(⌒⌒)

 

 

こうして蘇ってくるみなさんとの会話のアレコレは、
本当にありがたく、
いつまでも大切な宝物です。

有り難うございます^^

 

いつもありがとうございます^^
1日1回ポチっていただけると励みになります☆

 

おとなパステル 杉本みのり パステルアート講座

 

コメント